築40年の家をDIY 第六回

畳ベッドの製作

伽藍とした二階にベッドを作ってみようと思いました。

大きさはセミダブルにしました。
ベッドは畳式としました。

熊本産のい草で畳ベッドを製作している会社を見つけ(タタミ工場こうひん)ました。
発注したのは、オプション畳床【爽やか畳床タイプ】、セミダブル ベッド用取り換え畳 国産い草畳
幅118cm、長さ198cm、厚さ3.5cm、畳縁No.8です。

これに合わせて、設計図を書き、ホームセンターで木材を調達しました。
大きくなるので二つに分解できるようにしました。

出来上がったもの二つを二階に持ってあがり、繋げて完成です。

ところが

畳厚が3.5CMあるので十分な強度があると思っていましたが、実際に寝てみると畳ベッドが凹みます。
ベッドを支える桟が不足していました。
畳を支える桟を増やし、どの角度から座っても、寝返りを打っても凹みがおきないようにしました。
何分、素人の挑戦です。実際造って検証してみないとわかりません。経験不足です。

ベッドヘッドも製作しました。

サンダーをかけ蜜蝋を塗り込み完成です。

い草の匂いが部屋中に香り「良い気分」です。

畳ベッドは少々硬く感じましたが腰痛持ちには良いはずです。敷布団でカバーしましょう。

ナイトテーブルも製作しました。

痛んだフローリング部分にニスを塗布

ついでに、日焼けと窓の結露で痛んでいたフローリングにニスを塗りました。
買った時、適当に色を選んだので、実際塗ってみると元の色と違いました。「まあいいか!」・・・

DIY、徐々にエスカレートしていきます。
予定になかったフカフカしたフローリングの補修に挑戦することしました。
次回以降は無垢フローリング施工を掲載してゆきます。

コメントを残す

前の記事

築40年の家をDIY 第五回

次の記事

築40年の家をDIY 第七回