築四十年の家をDIY 第二回

一階和室の清掃及び縁側フローアー

和室縁側の床は杉の無垢材のようだった。まず水拭きをするが長い間の汚れが落ちそうもない。
白木クリーニングの洗剤があったので、これを薄め雑巾にたっぷり湿らせ、ゴシゴシ。
たいして効果がないため、たわしでゴシゴシ。
水を含んだ木の表面が柔らかくなってポロポロ剥がれる。
これ以上擦るとヤバいかもと、軽く撫でる程度にし硬く絞った雑巾で拭きあげる。

乾いてから、400番のペーパーでサンダー掛け。杉の無垢材が凸凹のためツルツルにならず。適当なところでやめる。

最後に蜜蝋ワックスを塗って、そして拭きあげる。これを3回ほど繰り返し完了とする。

多少の不満はあるものの見違えるほど綺麗になった。

その後、和室のエアコンの清掃、及び壊れたリモコンの手配をして本日終了。

 

コメントを残す

前の記事

築四十年の家をDIY 第一回

次の記事

築40年の家をDIY 第三回