ゴールドウイングバッテリー

ゴールドウイング点検の為、久しぶりにバイクに乗りました。ゴールドウィングの走りは爽快そのもの、幸せを感じました。

バッテリー

前々日から充電をしてホンダドリームに定期点検に行きました。点検後バッテリーの電圧不足を告げられました。帰ってからバッテリーに繋げてある余分な配線を外し納車時に戻し、再び充電をしています。電圧低下防げるか?

今までデイトナスイッチングバッテリーチャージャー12V回復微弱充電器95027を使っていましたが、充電75%から100%のシグナルが表示されてから充電器を外す。1日経過後電圧を測ると12.3V〜12.6Vくらいの電圧となっていました。
ゴールドウイングは走行中14.4Vで充電がされているようですが、95027充電器の充電電圧の不足かもしれないと、電圧が表示されるデイトナバイクバッテリーチャージャー91875に変えました。

DAYTONAナバイクバッテリーチャージャー91875

91875で1回目の充電(4h30m)では12.8Vでした。13V以上に達しませんでしたので翌日2回目の充電をしました。その結果13.15Vに達しました。
念のため一晩維持充電をし、翌朝チェックしますと13.1Vと表示されていました。13V以上あり一安心です。

91875は電圧チェックができること、充電時間が表示されることがメンテナンスする際に安心感があります。

95027でも満充電表示から維持充電を2、3日続けていたら13V以上に達していたかもしれません。電圧表示がありませんのでわかりませんが。
95027の満充電は表示は、GoldWingに限っては?あてにならないと思いました。

2018.4月以降のGoldWingのエンジンがかからない

どちらにしても2018.4月以降のGoldWingはバッテリーが弱いようだ。私のバイクも車庫から出そうとした時エンジンがかからなくなったことがあり、ホンダドリームで点検をしてもらってバッテリー交換、コンピューターの書き換え(保証期間内で無償)を行ってもらいました。
その後、YouTube動画を見ていると、ツーリング途中でエンジンかからない(大困り)などのトラブルがあったことを知りました。
「エンジンがかからないトラブル」がそのほかにも見受けられるようです。

2018.4月以降のGoldWingのバッテリー管理

以上の経験から、2018.4月以降のGoldWingは、バッテリー管理を充分にしておくことが大切だと思っています。
今まで大型バイク(Honda,Bmw,Harley)を数台乗り継いできましたがこんなことは初めての体験でした。みなさん注意しましょう。

Honda Gold Wing Tour(DCT)

このバイクはとても気に入っています。HONDA様バッテリー仕様を変更されたらどうでしょうか?

コメントを残す

次の記事

ハイエース東北旅をUP