ハイエース乗り心地改善、足廻り

下廻りの今までの経緯

  1. タイヤ交換
  2. ハイエースモデリスタオプションのショックアブソーバー取り付け
  3. ハイエースモデリスタオプションのリアーブレイズ取り付け

1のタイヤ交換及び2のショックアブソーバーは納車後直ぐ。3のリアーブレイス取付けは、納車後7ヶ月経過後

ハイエースモデリス タショック

ハイエースモデリスタ リアーブレイス

高速道路で今一歩

上記対策の結果、一般道の”乗り心地”の改善はみられましたが、高速道路では、いま一歩でした。
高速道路でハンドルが安定しない・・・直進性が悪く、カーブでは膨らみがちになる。

月一仕事で遠出するのだが、高速道路走行で不安を感じていた。所用で東京へ出かけた折、新東名制限速度120Kmの区間を走る。とても今のハイエースの現状では安心して走れないことを痛感。

ずっと気になっていたユーアイビークルの乗り心地改善セット(スタビライザー、コンフォートショックアブソーバー、オプティマリーフ)を検討することに。
東京帰宅後、早速ユーアイビークルさんに電話。高速走行時の現状を伝えると「後ろのスタビライザーを付けると改善されます」と即答。その後ユーアイビークルさんのホームページの下廻り記事等を精読し、スタビライザーを前・後に取り付けてもらうことにしました。

前後スタビライザー取付結果

高速道路での走りは左右のフリも減少し走りやすくなりました。しかし取り付け前よりカッチリした走りになり、道路の凸凹をゴツゴツ拾うように感じました。極端にいうと跳ねるような走りになりました。

これまで、左右にふられるのを少しでも避けるため前後空気圧を高めに設定していました。そこで空気圧を標準に戻したら以前ような走りに近くなりました。しかし、これ以上望むべくもないので減衰調整ダイヤルのあるコンフォートショックに交換依頼。

その後コンフォートショック取付

以前取付けていたハイエースモデリスタオプションのショックブソーバーをユーアイビークルさんのコンフォートショック に交換。


その結果、道路から拾う凸凹もしっとりとし、踏ん張りもしっかり感じられるようになりました。ショックが効いているようでした。また好みに応じて伸び側の減衰調整でき、乗り心地大幅改善!

スタビライザーとコンフォートショックは対で取り付けるべきと思いました。

さらに、納車後4000Km弱の時、左右への”ふられ”を少しでも和らげるためトヨタで前の車高を2cmローダウンしてもらっていました。今回前後スタイライザーがよく効いているので2cmローダウンをトヨタで元に戻してもらい、コンフォートショックのストロークを生かすようにしました。

その後、東北旅(総走行距離約2700km)へ出かけ”乗り心地”をさらに検証。
コンフォートショックアブソーバーダイヤルは前8/後7に決定。
道路の凸凹の吸収はソフトに、高速走行時の直進安定性の向上も文句無し。大満足という結果になりました。

なお、空荷を避けるため後ろのベッド下に常にキャンプ用品等を積んでいます。これで乗り心地改善の期待度◎でしたので、構造変更を要するオプティマリーフ装着の予定はありません。納車時標準仕様で十分な乗り心地改善ができました。

コメントを残す

前の記事

能登バイクツーリング