前後ドライブレコーダー思わぬ障害

少し寒さも和らいで来ました。とは言ってもまだ防寒着は欠かせません。
今日は曇りの中、いつもの道の駅「スプリングひよし」までチョイと走ってきました。
バイクも乗ってやらないと、寂しがっていますから・・・

写真は南丹市、桂川上流でのスナップです。

<思わぬ障害>
最近、道路の凸凹を通過した時、”ゴン”という音が時々なるようになりました。
前輪のダブルウイッシュボーンサスペンションがドンつきしているのかな!と思っていましたが・・・

何回か走って確かめたところ、実は、前照灯の下に取り付けたドライブレコーダーのカメラが、凸凹を通過しサスペンションが収縮したとき、フェンダーに当たっている音だとわかりました。

早速、前後ドライブレコーダーを取り外し、道の駅「スプリングひよし」まで往復したところ、音はなくなり快適に走れました。

<前後ドライブレコーダー>
何かあった時のための記録用というより、死角となる真後ろ確認のため前後ドライブレコーダーを取り付けました。ところが画像が広角すぎて、後ろの車が豆粒のようにしか映らず全く役に立ちませんでした。

またメーター周りがゴチャゴチャして、取り外そうかと思っていた矢先のことでした。取り外したら、すっきりしてゴールドウイングらしいデザインが蘇りました  😀

前後ドライブレコーダーを前照灯下にカメラを取り付けようとしている方は、フェンダーとのクリアランスを充分取るようにしてください。多分前照灯下への取り付けは無理なようです。
私は前後ドライブレコーダーはもう付けません。

 

 

 

前後ドライブレコーダー思わぬ障害” に対して2件のコメントがあります。

  1. nomunomu より:

    カメラ同じ様に取り付けようとしましたが情報をみてエエ~と
    ありがとうございました
    私は、アンダーカウルにカメラを埋込ましたので、前輪のドンツキはないと思います
    非常に参考になりました

    1. SHINICHI.S より:

      お役に立って良かったです。( ^ω^ )

コメントを残す

前の記事

久しぶり

次の記事

兵庫の温泉