どんでん返しのコロナウイルス現金給付

「所得制限なし、ひとりあたり10万円給付」

「所得制限を付きの30万円」給付案がほぼ確定し、国会へ上程される間際になって、公明党山口代表の安倍総理への談判の結果「30万円の給付」にかえて予算を組み換え「所得制限なし、ひとりあたり10万円給付」案が発表された。その後、2020.4.20に閣議決定され国会に上程する運びとなっている。

当初の30万支給は、所得制限から外れた人にはなんの恩恵もない。コロナウイルスの脅威は、老若男女、赤ちゃんから高齢者まで震え上がらせるのみならず、広範な被害が予想されるのに。住民税の非課税世帯だけが支援を受けるなど理解できない。

所得制限内の者は救済するが、その外の者は自力で乗り越えろってことなのか。もし所得制限を設けるなら2000万位の設定が良いのではないか。

所得制限規制は、一生懸命頑張って納税をしたものがいつも犠牲にされてしまう。いつもの事かと諦めていたら突然「ひとり当たり10万円」が浮上した。双手を上げて「大賛成」で感激さえした。

いつも政治的駆け引きの中から生み出される予算

今回の晴天の霹靂とも云える「ひとりあたり10万円給付」案は財務省官僚たちも驚いているに違いない。歳入と歳出のバランスばかり考えている彼らに、このような案が出せるわけがない。また、所得制限なしなど累進課税の税体系を考慮すれば尚更発想も及ばないであろう。

ここは、政府が全国民を救済するという大目的でやれば良い。そして財源の補填は、コロナウイルスが終焉し経済が活性化した時点から全国民で負担するのが望ましい。私はそう思う。

財務省幹部の意見

この発表後、『財務省幹部は、本当に困っている人への支援を手厚くするという当初の趣旨は完全に覆った。』と云っているそうですが。

本当にそうなのだろうか?
「本当に困っているのは」全国民です。所得制限付きの30万円の対策案は「本当に困っている人への支援」というが、「困ってない」官僚は、バランスのみに気を取られ所得制限付きの30万円の対策案を出してきたに違いない。「本当に困っている人」が誰なのか判ってない。
麻生氏もそうだから如何ともし難い。

できるだけ早く「ひとりあたり10万円給付」を

ともあれ、「所得制限なしひとり当たり10万円給付」は全国民への支援であり激励でもある。全国民一致団結しコロナウイルスの鎮静化に力を合わせようということである。これでこそ納税のし甲斐もあるというものだ。

また、野党はこれに加えて、「所得制限付きの30万円給付も復活させよ」と訳のわからない事を云っているそうだが、それこそ財源をどうするのか、ただでさえ財政は大赤字ですぞ、人気取りはやめなさいと言いたい。
「ひとりあたり」に気付いているのだろうか、家族5人なら50万円ですぞ。家族状況に応じた支援であり、「所得制限なし一人当たり10万円給付」是非、国会を通過させ、早急な支給を望みます。

こんな事を言っている人の記事もありましたよ。・・・『どうもね、政治家の皆さんは、自分たちの給料がほとんど保証されるし、議員会館の賃料は民間なら100万円超えてますし、秘書3人の人件費も税金。こういう環境の中で、国民の今の逼迫した状況を感覚的にとらえていない』と批判していた。

受給の意思は国民ひとりひとり

最近の報道で支給方法が見えてきました。市町村より申請のようなものが送られてきて、その用紙で申請するようです。
貰う貰わないは、国民ひとりひとりが判断することになります。国民主権、民主主義で私は賛成です。

コメントを残す

次の記事

Go to the office