2020年 私の車旅スタイル

2020年、あけましておめでとうございます
Stay in a vehicle

 

車中泊について

「気軽に車中泊」と考えていましたが、実際、旅に出てみると車中泊の最適な場所を探すのも大変なことだと知りました。これも楽しみの一つですが。
Youtubeを見ると、道の駅で車中泊をされている方が多いのも知りました。車中泊禁止の道の駅もあることも知りました。車中泊マナーが悪い人がいることも知りました。そして、ほとんどの人が車の中で煮炊きしていることも知りました。

私は、車の中で煮炊きする気はありません。道の駅や地域の店を探して食事をとります。適当な食事処が見つからないときはコンビニ等で弁当等を調達します。

車旅を楽しむならRVパークや道の駅などの車中泊が気儘で自由度が高いでしょう。しかし、車中泊禁止の道の駅などがあるようです。オートキャンプ場の利用も視野に入れましょう

車旅でのオートキャンプ場利用

多くは入場時間が17時から18時までと制限があります。管理人も置き、道の駅等の車中泊よりも安全性も高いでしょう。しかし、一定の時間にオートキャンプ場に着かなければならないという制約があります。春・夏・初秋などは、入場可能な早い目の時間にチェックインし、設営を済ませて出かけるような計画をすれば、旅の時間も有効に使えるでしょう。オートキャンプ場は、元来アウトドアーキャンプを楽しむための施設です。応用していきましょう。

車旅でのRVパーク、道の駅利用

気儘に旅をして気儘に泊まることが出来ます。しかし、車中泊に適した道の駅が「車中泊禁止」ならないためにも、道の駅利用者が多い時間帯での車中泊目的の駐車は厳に慎むべきでしょう。良識ある心遣いも必要です。車中泊に適した道の駅は、騒音も少なく、トイレも明るく綺麗、車中泊者のマナーも良い。周囲の安全性も高いようです。RVパークは堂々と「車中泊」ができますね。(チェックイン・アウトの時間の定めがあるところもあります)

私の車中泊スタイル

オートキャンプ場を主に利用し、RVパークや道の駅を併用しながらのスタイルです

私は、キャンピングカーのような車は必要としていません。
オートキャンプ場では、タープをリビングスペースとし、車(ハイエース)はドライビングitem&就寝の場としています。オートサイトでは電源設備があるサイトが超便利です。特に冬は電気利用で快適に過ごすことができます。
RVパーク(電源設備あり)、道の駅利用の時の食事は外食です。

大容量のポータブル電源は必要としていません。私のポータブル電源はJackery400 110000Ah/400W純正弦波です。これで十分です。

コメントを残す

前の記事

年越しキャンプ&車中泊