ハイエース能登半島一周

能登半島の旅 二泊三日 1021.1kmの旅

天気といい景色といい、車中泊の場所といい最高の旅だった。

Day1
金沢市へ
AM3:55高速に入る
途中でPAに入り、ナビの目的地を石川県羽咋市千里浜に設定。
米原J CTから北陸道に入るつもりだったが、京都東インターの手前で、高速を降りるようナビの指示⁉️琵琶湖西岸道から行くほうが早いのかな?迷ったがナビの指示に従うことにした。

湖西道路、R161共に道路状況が悪い。凸凹の補修はされているのだが、雑。
凹凸を拾いながら走り、ナビの指示に従わずそのまま米原まで走った方が楽だったなと思ったり。
ところがナビは米原付近で工事通行止めになっていたので、この道を選んだことがわかった。高速通行止めの場合、深夜割引どうなるの?
(後で調べたところし自動通算して割引が適用されるようです)
妻は助手席で寝ています。出発間際まで朝食の弁当を作ったりでほとんど寝てないらしいので、そっとしておきました。

マキノ追坂峠を越え敦賀市街から北陸道に入りホッとしました。高速道路はやはり道が整備されていていいね。
尼御前SA休憩、ベティ散歩。金沢西ICを出て、兼六園へ。

兼六園

1日目の予定は、兼六園が紅葉の見頃と知ったので立ち寄り、昼食は近江町刺身市場へ、その後、千里浜なぎさドライブウェイです。
その他の金沢観光もしたかったのですが、時間の制約もあり、またの機会にゆずります。

9時45分、金沢兼六園の直ぐ前の石川県兼六駐車場が空いていたので入る。深夜出発のおかげです。

兼六園散策
土産店の並ぶ坂を登り桂坂口から入場。紅葉真っ盛りのなか結婚装束を身に纏い記念写真を撮る新婚夫婦たちの笑顔が彩りを添えていました。兼六園でウエディングフォト撮影専門にしている業者があるらしい。新婚のみなさん金沢に行かれたら、一度試して見られたら良い記念になりますよ。

庭園の写真を撮りながらゆっくり散策ができました。外国人を含め多くの観光客で賑わっていました。外国の方々も日本庭園の風情を感じとられ満足しているように見えました。私どもも紅葉の時期に来られて深まりゆく秋を満喫することができました。

残念ながらベティは入場できません。車中で留守番です。
ハイエースで旅行を初めた頃は、車中で留守番をさせることを躊躇しましたが、長距離移動のときベティが車中でゆっくり体を休めている姿をみてから、留守番の方が良い時もあることを発見しました。
12時13分兼六園出発


兼六園を出て、予定通り近江市場へ昼食に向かいました。近辺の駐車所に車を停め、ベティを連れ近江市場内へ入りましたが、どの店も観光客であふペット連れの余地などありません。この雰囲気を感じて、ここでの昼食はスルーすることにしました。

千里浜なぎさドライブウエイへ向かう道すがら、金沢漁港近くに新鮮な魚介類を食べさせる店があることを思い出し、そちらの方に行くことにしました。
ナビの指示に従って行ってみると船員や港湾員が利用するような食堂(厚生食堂)が一軒あるのみで、私共の期待にそぐわず他を探すことにしました。
魚介類を出す店は大体14時ごろには閉店します。焦りながら見つけた店は、漁港近くのひと通りの少ない民家の一角にある「宝生寿し」いうところでした。
ランチが可能か確かめ店に入りました。古風な民家に重厚な内装の店でした。

後で調べてみると「創業50余年の大野港近くにある老舗寿司店」「1999年に金沢大野のこまちなみ保存建造物として「第6回かなざわ店づくり大賞」と「グッドデザイン賞」を受賞。格子窓が美しい外観が目を引き、内装は白漆喰や朱壁などを用いた落ち着いた雰囲気」と「旅色」で紹介されていました。

12貫セットを注文しました。もちろんネタは新鮮でしたが、シャリが小さめでお腹いっぱいとはなりませんでした。
今回は、道の駅等を探して車中泊で連泊の予定なので、夜の食事はコンビニなどで間に合わせて、昼ごはんを奮発してみることにしました。
昼食代税込7260円也。

千里浜なぎさドライブウエイ

ナビに今晩の車中泊ポイント「道の駅のと千里浜」をセット。
日本海を見ながら「のと里山街道」を北上し今浜ICで降り、千里浜なぎさドライブウエイに入りました。

初めて砂浜を走るドライブは、快晴ではないものの爽快でした。癒されますねえ。千里浜の出口まで走り、Uターンして中間地点まで戻り車を停めました。 

ベティと砂浜を散歩です。波打ち際まで誘うとザザーと押し寄せる白波に驚いて後づさり。ウチのラブラドールは怖がりですので予想通りでした。ベティを抱いて海に掘り込んでやりたい衝動に駆られましたが、今は秋、濡れてはこちらが堪らんので止めました。何度か波打ち際まで誘いましたが近寄ろうとはしません。

広大な海の眺望と砂浜の景色、日常からワープし、たっぷり楽しむことができました。

道の駅のと千里浜 

「道の駅のと千里浜」に16時ごろ到着です。早速、道の駅に併設された無料の洗浄施設に車を入れ車下を洗浄しました。

その後、店舗に入り今晩のアテを買いました。弁当は売り切れでした。レストランも18時には閉店します。これから風呂に行き、戻ってきたら18時を過ぎます。

近くにコンビニもあることだし、何とかなるだろうとまず温泉を探しました。すぐ前に「ちりはまホテルゆ華」がありましたが、車で2分程度のところの「スーパー銭湯ユーフォリア千里浜」があり、そこにすることにしました。中に入るとレストランもあり、最終オーダー20時半とあったので、ゆっくり温泉に入り夕食はこのレストランに決定。

まず、妻に先に入ってもらい、私は、寝具の用意です。ベティと後席の荷物を下ろし、セカンドシートをたたみ、ベティの寝る場所を空けます。それから私たちのベッドをセットし、ベティの散歩をしました。

ベティは、駐車場をウロウロして大量のウンチをしてくれました。ビニール袋を三重にしてウンチを取りました。忙し忙しです。

そのうちに妻が風呂から上がってきました。

事件発生!

タオルと着替えを持ち、妻に車の鍵を渡し温泉へ行くはずでした。

突然、車の警報音がヴアンヴアンと猛々しくなりました。びっくりして車内に居る妻に「キーを貸して」とフロントドアーの窓から受け取ろうとしたその時、鍵がポロンと下に落ちてしまいました。見てみると溝のグレーチング蓋の隙間から、さらに下に落ちてゆきました。

さあ大変!
溝の蓋の上に私のフロントタイヤがまともに乗かっています。車を押して動かしてみようと運転席乗りサイドブレーキを緩め、ドライブシフトをPからNに動かそうとしましたが、びくともしません。さすがのセキュリティと感心。車はびくとも動かせません。さあどうしたものか、万事休すか!

グレーチング蓋の下を携帯のライトで照らしてみました。
溝が浅く針金のようなものがあれば取り出せるかもしれません。早速、温泉施設の受付に頼みに行きました。男性の受付の方に事情を説明し「針金のようなものがありませんか」「針金はありませんね」女性の従業員の方が「洗濯物を干すハンガーならありますが代用できますか」「それ、お願いします」「ハンガーを切るペンチのようなものもありませんか」遠慮している余裕などありません。

「これで切れますか」とラジオペンチを持ってきてくれました。「それで結構です。ありがとうございます」
ハンガーの針金をラジオペンチに力を入れて切る。「すごいね」とその人が感心してくれました。

祈る
「どうかこれでキーを引っ掛けることができますように」祈る思いでキーが落ちたところに戻りました。ハンガーを真っ直ぐにして、先をやや曲げ、慎重にグレーチング蓋の隙間からキーの付いたカラビナを引っ掛けにゆきます。見事、引っ掛けることができ窮地を脱しました。お見事!一大事件が解決し、受付の方にお礼を言って、やっと温泉に入ることができました。そして二人でここのレストランで夕食をとりました。

不幸中の幸い
溝が浅かったこと、私がキーをカラビナに付けていたことが幸いしました。不幸中の幸いす。それとパニックになって事件の状況写真を撮ることまで気が回りませんでした。

道の駅に戻る途中にコンビニにより、缶ビールとハイボール缶をひとつずつを買って、20時前頃道の駅に戻り、先に買っておいたアテを肴に、今日の温泉が良かったことと大事件を反省し、少しいい気分になって就寝しました。次回から、二人ともキーを持とう。

道の駅「のと千里浜」車中泊

車中泊初心者ですが、快適な車中泊する条件は、

  1. トイレが清潔であること
  2. 道の駅は24時間トイレが利用できる
  3. トラックなどがいない事業務用のトラックはエンジンをかけたまま仮眠していることが多い。
  4. 治安に問題がなさそうなところ適度に外灯があり、他にも車中泊している車があること。

以上の要件が全て揃っていたのが道の駅「のと千里浜」でした。トイレは屋内にあり、とても綺麗で清潔でした。

道の駅の利用は、「立つ鳥跡を濁さず」を弁えよう!

高速のSAで、車からたくさんのゴミを持ってきてサービスエリアのゴミ箱に詰め込んでいる「おばはん」を見た。
非常識極まりない!

Day1 end.
全編はMENUのハイエースと旅に掲載

コメントを残す