山口・山陰の旅No1 HIACE

TsunosimaOhashi

写真:山口県の角島大橋

山口・山陰の旅へNo1 HIACE

旅が長くなっても気軽に行けるのがHIACEベッド仕様です。
4ナンバーなのである程度荷物を積んでいた方が乗り心地が良いので、いつもベッド下にはアウトドアー用品一式を積んでいます。だから思い立てばいつでも出かけられます。セカンドシートはゴールデンレトリバー「ベティ」の指定席になっています。

今回は山口県角島大橋渡橋、萩市で歴史散策、須佐フォルンフェルス見学、島根県立しまね海洋館AquaSでシロイルカショー見学、石見銀山観光、三瓶山オートキャンプ場の予定です。引き続きHIACE乗り心地検証も兼ねています。

 

Day1

「さあ、長いぞ覚悟は出来ているかな、ベティ」

午前3時38分自宅を発つ。高速道路(新名神、山陽道利用)で山口まで一気に移動です。
目的の出口は美弥ICです。465キロ休憩なしで5時間半の行程です。

真夜中の高速は乗用車の走行は少なく大型トラックと共に走ります。
八ヶ岳の帰りで経験済みなので今回は驚きませんでした。

たっぷり時間があるので余裕を持ちながら走りました。
吉備SA5時38分着、岡山JCT7時5分通過、倉敷SA7時8分着、広島県に入り福山SA7時41分着、その後高坂PAに立ち寄り宮島SA10時47分着。
快晴。
宮島SAでは、ベティと散策、スターバックスのテラスで軽食を採りゆっくり休憩しました。

小郡JCT10時47分通過、14時5分山口の美弥ICを出ました。
大阪を出て10時間33分でした。

HIACEは快調です。

豊田湖畔オートキャンプ場

今日の宿泊地、下関市豊田湖畔オートキャンプ場、14時40分到着。
受付で今日(平日)の宿泊客を聞くと1組でした。
オートキャンプサイトに車を止め、ベティを連れてキャンプ場の様子を一廻りしてみました。

平日で宿泊客は少ないものの湖畔のキャンプ場で森林の中の閉鎖的な空間ではなかったのでホッとしました。

炊事棟、トイレはどちらもやや小さく暗い感じでした。真夜中のトイレは少し不安かな。また、シャワー室がひっそりとトイレの隣にありました。
どれも掃除は行き届いていましたが少し古い感じでした。
他に立派ぱなバーベキュウハウスがありました。休日には賑わうのだろうな。

道の駅蛍街道西の市

キャンプ場から車で10分ほどの道の駅蛍街道西の市まで入浴と今夜の食材を買いに出かけました。
入浴は道の駅に併設された西の一温泉蛍の湯です。キャンプ場で100円割引の券を頂きました。

とりあえず先に妻を風呂にやり、私はベティと道の駅を見て廻りました。
小綺麗なレストランがありました。

やがて妻が風呂から上がってきたので交代で私が風呂に行きました。

西の一温泉蛍の湯は加温・循環のお風呂です。
泉質はナトリウム・ 炭酸水素塩泉とありあました。
お湯は透明で匂いもしませんでしたが湯船の淵が黒くなっていました。

「黒い」というとバイクで北海道ツーリングの時に訪れた豊富温泉の湯船も黒かったです。
この温泉は、微かに重油が含まれ黒い色をして、油臭い匂いがしていました。
何でもアトピーに効果があるらしい。西の市温泉はなぜ黒いのか調べましたが分かりませんでした。

風呂から上がりに夕食のことを妻と相談。
今日は走りっぱなしなので「自炊はやめてここのレストランで済ませることにしよう」と意見が一致し、道の駅内にある「万作」というレストランに行きました。

レストランの看板には、夜の部は17時から営業とありましたが、営業している様子はありません。
店の中を覗き込んでも人の気配はありません。時計を確認すると17時を過ぎていました。
道の駅の店員さんにお聞きすると、今は昼の部しか営業していないということでした。

近くにスーパーがあることも教えてもらいましたが、今からスーパーで買い物をし、キャンプ場に戻ったら暗くなってしまいます。
結局、道の駅で夕食代わりなるものを買ってキャンプ場に戻りました。

キャンプ場の管理棟には、誰もおらず灯は消えていました。
急いでランタンを灯しテーブルをセット。
その明かりのもとで夕食をとりビールです。私と妻とベティで。

夕食を済ませた頃には、今にも雨が振りそうな天気になってきました。
関東は台風19号で荒れ模様です。
ここは山口、明日になれば晴れるだろうと思いながらベッドに入りました。
夜中には小雨が降り、風が少し吹いてきました。

 

Day 2

豊田湖畔オートキャンプ場を8時前後に出発し角島大橋へ。

今日は、角島大橋、萩市観光、須佐フォルンフェルス見学、田万川キャンプ場の予定です。

角島大橋風強し

角島大橋に近づくにつれ風が強くなってきました。
台風は関東方面へ流れたのに、こんなに離れたところまで影響があるのかと改めて台風19号の大きさを思い知りました。

あらかじめ調べておいた角島大橋展望ポイントに曲がる道が見えました。
「この様子だと角島大橋は通行止めかもしれんナア」と妻に。

角島大橋を高みから一望できる絶好ポイントに、難なく車を停めることができました。
いつもなら車やバイクで一杯で、なかなか一等席に停められません。

車外に出ると凄い風。吹き荒ぶ風に煽られた白波が大橋に降りかかっていました。

「渡れるんかいな」「やめましょう」

ふと見ると、観光バスが角島大橋に入って行くではありませんか。
「大勢の観光客を乗せたバスが」と驚きましたが、このことがきっかけになって腹がきまりました。
「観光バスも渡ってるぞ、こりゃ僕たちも行かないとな」
「さあ行くぞ」
「あなたのそんな無謀なところが理解でけへん」

角島大橋を渡る

10時前後、角島大橋を渡り始める。大橋手前でハーレーの大型バイクが警備員に止められていました。
道路脇には「二輪車通行禁止」の看板が立ててありました。
折角来たのにかわいそうだなと思いましたが、今日はやめといたほうが良いだろうと思いました。

橋を渡り始めるとヒューヒューと風の音が聞こえます。
ハイエースのハンドルが吹きっさらしの風に煽られ取られます。

橋の上の所々に、吹き荒ぶ風に舞い上げられた白波が降ってきます。
「新車が錆びるわ」という恐怖と、突風が吹いて車もろとも海中に落ちるかもという不安に怯えながの往復でした。

往復し切った時はホッと胸を撫で下ろしました。
天気が良ければ先の角島灯台までと思っていましたが、それどころではありませんでした。

 

NO2へ続く

コメントを残す

前の記事

信州八ヶ岳山麓への旅2

次の記事

山口・山陰の旅No2 HIACE