信州八ヶ岳山麓への旅 1

写真:清里中央オートキャンプ場にて

HIACE車中泊初体験と乗り心地検証の旅

ゴールデンレトリバー「ベティ」の座席を確保し、アウトドアー用品をベッド下に収納。ハイエース納車後4日目初めての車中泊に若干の不安を持ちながら、乗り心地検証も兼ねて八ヶ岳山麓へ3泊4日の予定で旅立ちました。

Day1

平成19年9月午前7時半頃高速道に入り、名神から中央道へ。途中、名神多賀SA、中央道駒ヶ岳SAで休憩しベティ散策。

駒ヶ岳SAに着いた頃は丁度お昼時でレストランで食事をと思いましたが、ベティ連れなのでに入ることはできず、デッキ付きのカフェで昼食を済ましました。

南アルプス村長谷峠の茶屋

駒ヶ根ICで高速を出て一般道へ入り高遠方面へ。R152に入り道の駅南アルプス村長谷で小休止。ここは昔、長野県大野市「葛温泉」へバイクひとり旅へ行ったときに地場ゼロの分杭峠への行きすがら立ち寄ったところです。

R152杖突峠にある峠の茶屋の無料展望所で諏訪盆地を一望し、今日の目的地、長野県諏訪郡富士見町の富士見高原ペットと泊まれる宿へ向かいました。

ペットと泊まれる宿

予約した宿は、「1階は専用リビング、2階はロフトタイプのベッドルームです。キッチン付きの10坪の広さがあります」とありました。

それは、ペットは一階のリビングで我々は梯子を登って二階のロフトで寝る仕様でした。ベティと一緒の部屋で寝るものと想像していた私たちは少し残念な思いをしました。注意深く案内を読むべきでした。

お風呂は近くの「ホテル八峯苑鹿の湯」の温泉に行きました。

前回、乗用車で行った「ドギーズハウス滋賀」ではトレーラーハウスでペットと同じ部屋で寝ることができました。安心しているベティの様子を見るにつけ穏やかな気持ちになりました。この時がベティと初体験の旅でした。

ドギーズパーク滋賀HomePage

往路の乗り心地

予想どおりでこれなら大丈夫という感じでした。初めての運転でスピードも100キロ以下で走りました。ハイエースのエンジン音も道路の凸凹を拾う音も許容範囲でした。ただ車高が高いのでフワフワ感は多少気になりました。

 

Day2

妻は、Asaoka Roseで「バラ摘み&蒸留体験」をしてみたいと強い要望があったので、八ヶ岳山麓に出かけることにしました。
今日は、妻が楽しみにしていたメインイベントです・。

Asaoka Rose

翌日は、富士見高原の宿を後にして長野県諏訪郡富士見町富士見にあるAsaoka Roseに妻を送り、僕は夜の食材を買いに山科県北森市長坂にある「ショッピングセンターきららシティ」まで出かけました。昨日泊まった宿の主人に教えてもらった店でしたがかなり遠くまで走らなければなりませんでした。

妻は、Asaoka Roseで「バラ摘み&蒸留体験」しています。体験は3時間ほどかかると聞いていましたので、時間潰しに買物の後、近郊をぶらり観光と思っていましたが買い物とショッピングセンター往復で2時間ほどかかりAsaoka Roseにとんぼ返りとなりました。

Asaoka Rose HomePage

清里テラス

次にサンメドウズ清里の清里テラスに向かいました。

レストランサンダンスのデッキで軽めの昼食をとり、パノラマリストの乗り場に向かいました。デッキでの昼食は本日2回目です。ペット連れだとレストランに入るのも儘なりません。これは少し考えればわかることだったのですが行ってみるまで気がつきませんでした。

パノラマリフトに乗り標高1900mの清里テラスへ行きます。富士山が見えるか楽しみです。

その前にベティがパノラマリフトに乗せてもらえるかどうかです。小型犬は抱っこしてリフトに乗っているようでしたが我が家のベティは中型犬かそれ以上です。リフトチケットの購入時「ワンチャンも一緒にに行けますか」と尋ねました。「ケージに入れられれば大丈夫です」とのことでした。

パノラマリフトの乗り場で係員にチケットを渡すと係員がすぐに大型ケージを持ってきました。ベティが嫌がるかと思ったが自らさっさとケージの中に入るではありませんか。これには驚きました。ケージ自体が重い上にベティの30数キロの体重が加わり、係員と私と二人でリフトに乗せたのですが重くて腰砕けになりそうでした。

ケージもリフトも初体験のベティでしたが、怖がるかと思いきやビクビクするどころか大きな目をクリクリさせ興奮気味でした。きっと私と妻が側にいるからでしょう。

1900mの頂上に着きました。ベティは私をことのほか信頼しているようでした。私と妻がいれば何処にいても幸せなんだと思いました。もう留守番はさせられませんなあ。

清里テラスでは残念ながら富士山は見えませんでした。1900mの眺望はだだっ広く大した感動を覚えませんでした。眺めは、九州の阿蘇にある大観峰からの眺望に似ていました。阿蘇の大観峰は約936mですが、大観峰から見る阿蘇カルデラと阿蘇五岳の眺めの方が雄大で優っているように私は感じました。富士山が見えてこそ清里テラスではないかな。

清里テラスHomePage

清里中央オートキャンプ場

15時過ぎ、予約済みの清里中央オートキャンプ場に着きました。実は清里天然温泉”天女の湯”が併設された清里丘の公園オートキャンプ場に決めたかったのですが、残念ながら天女の湯も定休日でした。

16時半ごろ、午前中に購入した食材で「二人だけの野外すき焼きパーティ」をしました。ベティも持参の餌を与えましたが食欲もあって大成功でした。ビールも美味かったです。

食事が終わって片付けを始めた頃、雨が降りそうな天気になってきました。急いで片付を完了し就寝の準備です。ベティがいなければ30分ほど走れば温泉に行けたのですがベティがいるので今日は風呂なしです。

ベッドに寝転がってしてしばらくすると雨が降ってきました。ベティもセカンドシートを折りたたみ、その上に寝かせました。少し狭いようだったのでシート上の荷物を全て異動してやりました。大変だわwww・・・

夜遅くには雨も強くなり雷が轟渡りました。森林での雷は迫力があり過ぎました。いつもなら怖がってビクビクする筈のベティでしたが、今夜は私たちが側にいるからか落ち着いていましたので一安心です。慣れないので熟睡とはなりませんでしたが、なんとか寝不足になることもなくひと夜を過ごす事ができました。

清里中央オートキャンプ場につい

整備された良いキャンプ場でした。オートキャンプサイトも広く使いやすかった。
管理棟の中に炊事施設、トイレもあり、おまけにトイレはウオッシュレットでシャワー施設も完備していました。それらは清掃が行き届いて綺麗でした。さらにWiFiが繋がる環境にもしてありました。管理棟は22時まで電気が灯され明るくて安心感がありました。
お勧め度4.8 温泉が側ににあれば5.0

清里中央オートキャンプ場HomePage

HIACEで初めての車中泊

野外すき焼きといい車中泊といい全て初めての体験です。ここまで至って順調に過ぎました。HIACE万歳ってなところです。

YouTube

八ヶ岳の旅 Day1

八ヶ岳の旅 Day2

 

信州八ヶ岳山麓への旅2へ続く

コメントを残す

前の記事

ショックアブソーバー交換

次の記事

信州八ヶ岳山麓への旅2