ハイエースバン DARK PRIME Ⅱ 乗り心地

ハイエースが納車されて走行距離1000kmを超えました。

実車走行をして一番の不満点はバンゆえの乗り心地の不快さです。
エンジン音、車体の振動等々ある程度は予想はしていたもののロードノイズが予想を超えていました。
道路の細かい凸凹もまともに拾ってくれます。長距離走行で疲れました。
今後長期間乗ることを考え、早急に対策を考えねば!

そのほかは、内外装、荷物積載能力、ベッド仕様等々全て大満足です。

乗り心地改善1 ショックアブソウバー

ハイエースカスタムパーツ専門店へ行き相談しました。「ベストな改善を望むなら構造構造変更をし、板バネ、スタビライザー、ショックアブソーバー等々の交換するのが望ましいです。構造変更なしで改善を望むなら、とりあえずショックアブソーバーの交換でしょう」との事でした。「ショックアブソーバーを交換したらかなりましになるでしょうか」「もともとがバンなので大きな期待できないかもしれません」また、「当社のショックアブソウバーは少し硬い」とのことで、お客さんの好みにもよります」と。

速攻、硬いのは「嫌だな」と思いました。
その後、トヨタの担当者とも相談し、トヨタのモデリスタ純正アクセサリーのショックアブソーバーを選択・発注しました。

乗り心地改善2 タイヤ

騒音の主音源はエンジンとタイヤの走行音です。
エンジン音はDieselにしては静かなものです。AT6速では快適です。

新車時のタイヤはDUNLOP SP175Sでした。
貨物積載を前提としたタイヤで道路の細かい凸凹も忠実に拾い静粛性は望めません。
これでは、ショックアブソーバーを交換しても大した変化は望めないかも知れません。

僕のハイエースの乗り方は、ON_RORD専門で高速道利用の旅利用です。
この用途にあったタイヤで静粛性に重点を置いたタイヤが欲しい。

色々調べた結果、「静粛性、耐久性」に優れてると評価があった”ヨコハマタイヤ ”ジオランダーH/T G056”にターゲットを絞りました。
タイヤ専門店で実際の話を聞こうとタイヤショップへ出かけました。
ショップの方にお聞きしたら、「このタイヤは人気があります」とのことで推奨されました。
私の調査によると「燃費はやや劣るとの評価があったようです」とお聞きすると「他のタイヤと比較しても大した差はないでしょう」という事でした。
静粛性第一でこのタイヤに決定しました。燃費は実走して確認します。

タイヤガーデン彩都(北大阪タイヤ)様、ありがとうございました。
在庫もあり、すぐに装着していだだき、窒素も充填してもらい、ノズルキャップもつけてもらいました。
また、真新しい新車タイヤも下取りしていただき予算もかなり縮小できました。

タイヤ交換後の走行

交換前は、道路の凸凹をガツンガツンと拾っていまししたが、これがボワンボワンに変わりました。
明らかにタイヤが凸凹を吸収しているようです。また細かい道路からの振動は吸収されていました。

タイヤ交換大成功です
これに加えてショックアブソーバーの交換が完了すれば、より乗り心地が改善されるハズです?
今月末のショックアブソーバーの交換日が楽しみです。

HIACE DARK PRIME Ⅱ 2800Diesel Turbo 標準ボディ

メーカーオプション
  • 特別色
  • アルミホイール
  • バックモニター内蔵インナーミラー
  • AC100/100Wアクセサリーコンセント
主なディラーオプション
  • 高さ調整可能のベッド
    ベッドの上のクリアランスを保つ為、最下の高さで利用しています。クーラーボックス以外の荷物は全てベッド下に入りました。
    クーラーボックスは後席下に置くことにしています。この方が出し入れがし易いので丁度良かった。
  • 室内カーテン
  • コーナーセンサー(リアー)
  • トムスLEDセット
  • リヤースポイラー
  • UIヴィーグル網戸
  • バックモニター
  • ストライブテープ
その他のアクセサリー
  • CAR MATE NZ586 増設電源ユニット
    簡単に取付け出来ました。とても便利です。既存の灰皿と差し替えです。
  • 肘掛
    Revier(レヴィーア)|ハイクオリティカスタムパーツブランド 株式会社エルシーから購入しました。ディーラーオプションは高すぎた。

コメントを残す

前の記事

ハイエースで八ヶ岳山麓へ

次の記事

ショックアブソーバー交換