バイクガレージ スロープの自作

スロープDIY

安心の車庫入れのため、早速、足つきを考慮したスロープの検討に入りました。
バイク保管庫購入時にイナバ製スロープを2台購入しました。連結して使います。
そのスロープ横幅は120cmで充分ですが、奥行きが65cm高さが15cmで勾配がきつく足つきに不安がありました。
実際、バイク保管庫を組み終えてバイクを入れてみると段差で足が浮いてしまいました。
そこでこのスロープに変わるべものをWebで探し検討しましたが、どれも私の思いとマッチしませんでした。

そこで、スロープを自作することにしました。
ゴールドウイングの車軸距離を測ってみると約170cm(公式値1695mm)でした。
180cmのツーバイフォー材の一方の端を保管庫の床に置き、もう一方の端をコンクリート地面に置いてみると不等辺三角形の隙間があり、隙間は最大で7.5cmありました。これでは足がつかないわ~

スロープ隙間

この隙間を埋めることができたら、車庫入れの際の前後車軸の傾斜を吸収でき、地面とバイク座面の高さが一定になります。そこで、下の写真のようなオリジナルスロープを作成し稲葉製スロープに付加しました。
ツーバイフォー材に防腐塗料を塗りましたが、塗料缶を作成中のスロープに引っかけ塗料をこぼしてしまいました。
そんな訳で、一部塗り残しができてしまいましたが、そのうち塗ることにします。

 

スロープ

 

グレードアップ

床の鉄板の上にOSB合板を敷き詰めました。また、遮熱対策のため屋根下にダウ化工スタイロフォーム(30mm厚)を設置しました。

これで、イメージに描いていたとおりのバイク保管庫が完成しました。
スロープを使わないときはバイク保管庫に収納しています。

バイク保管庫完成以上です\(^o^)/

重いものを運んだり作業に集中し過ぎたりして、腰痛が続いていました。
完成したこともあり、整骨院に行きマッサージ治療をしてもらいました。
先生に大したことないと告げられ一安心です。

コメントを残す

前の記事

バイク保管庫の組み立て

次の記事

楽しい乗り物