ドライブレコーダー

DriveRecoder

ゴールドウイングツアーに前後ドライブレコーダー取り付け

導入動機
YouTubeでバイク動画を見ていたら「バイクにはドライブレコーダーが必須です」と中華製のDV188(本体非防水)を紹介していました。この動画を見て取り付けてみようということになりました。

取り付け
バイクシートの外し方をYouTube(USA)で学習しました。ところがシートの電源カプラーが外れなくて難儀しました。電源の取り出しはリレーを介して接続。配線の取り回しはシート下に格納し納得の設置ができました。本体は非防水のためバイクの右のフェアリングポケッに収納しました。

運用結果
撮影データをWindowsPCでチェックしましたが、紹介していたYouTubeの動画どおりドライブレコーダーの記録としては満足でした。

DV688(本体防水)新発売
DV188を取り付けて数ヶ月してから本体防水のDV688が発売になりました。これなら後方モニターとして利用できるのではと思い、必須のものではなかったがAmazonでポチリ、グレードアップしました。

電源、配線の取り回しはDV188で経験済みなので、難なく取り付けることができました。
本体の取り付け場所に苦慮しましたが写真のように取り付けました。

運用結果
DV688をバックモニターとして期待したが、広角過ぎて役に立ちませんでした。後続が近くまでこないと認識できません。バックミラーで充分でした(>_<)

撮影画像はDV188より鮮明でした。せっかく付けたのでこのままにしておきます。

オイル交換

先日、走行距離7000kmを少し超えたところでオイル交換に行ってきました。
メンテナンスパックに加入しているのですが、スケジュール外だとのことで別途料金を支払いました。

前回4000kmで交換してから3000km走っています。Honda Dreamによると3000km毎に交換して下さいと云うことでしたが、5000km毎で良いのではと思いましたが、「エンジンに優しく」しないいと、ご指示の通りいたしました。

コメントを残す

前の記事

Wearable Camera

次の記事

Run also in deep winter