イカ丼ツーリング

かねてより情報を得ていた福井県若狭三方の「ドライブインよしだ」イカ丼を食べに行く「ひとりツアー」です。
また、最近買った以下の商品テストも兼ねました。

  1. RSタイチ電熱インナーウエアーRUS614 e-HEAT(M)。
    ちなみに私は、身長166、胴回り89、胸囲90。ぴったりでした。
  2. ユニクロ手袋
    ヒートテックライナーフリースグローブ(防風)M

12月の日本海側は曇りか雨が多いので、天気予報とにらめっこしながら「イカ丼ツー」に出かけるチャンスを狙っていました。

朝9時半、福井県道の駅「名田庄」に向けて出発。気温5度から9度
福井県小浜のR27に合流するころには10度前後となっていました。帰りは10度から14度

<手袋>
KUSHITANIの少々高めの手袋を持っていましたが、先般のショートツーリング時に使用した折、アクセルグリップを捻ると滑るように感じてしっくりしませんでした。長い間使っていたから寿命なのかなあ、何か良い手袋はないかとYouTubeで検索していたら、ユニクロの防風手袋が「良い」というではないか。
ユニクロ?と思ったが、安かったのでダメ元でMを買いました。定価1500円のところ値下げで990円。
本日使ってみたが、暖かく、グリップ感も良い。これは使えるで~
プロテクトはバイク用ではないので期待できないが!

<RSタイチ 電熱ウエアーRUS614 e-HEAT>
両腕の防寒を考え、電熱ベストは当初から購入の意思なし。
電源について
バッテリー直付けはバイクの乗り降りで不便を感じるのでモバイルバッテリーセットを購入。
リチュウムイオンバッテリー2コを使用し、往復5時間くらい「弱」で利用しました。
これは暖かく手放せないと思いました。

自宅に帰って電池残量を見ると50%。これなら取扱説明書にあるとおり「弱」で8時間は大丈夫だろう。
さらに、電源スイッチの場所がとても良い。アウターのジャケット下から操作できる。
バッテリーに関しては、残量インジケーター表示が管理上とても良い

使用環境

  1. グリップヒーター40%出力
  2. シートヒーター40%出力
  3. ユニクロ手袋
  4. RSタイチ電熱ヒーター『弱』
  5. 上衣
    アンダー ユニクロ「極暖」タートルネック
    ミッド  e-HEATインナーウエアー
    アウター バイク用ジャケット(防風インナー取付)
    電熱インナーのおかげで着ぶくれなし。
  6. 下衣
    アンダー ユニクロヒートテックタイツ
    ミッド  NANKAI防風タイツ
    アウター HYODプロテクター付き革ジーンズ

使用の効果

  1. ユニクロ手袋、電熱ウエアーとも、外気温10°以下で1時間ほど走ると「冷たさ」がじんわりと伝わってくる。
    ユニクロ手袋は、グリップヒーターを60%出力で緩和。
  2. 電熱ウエアーは、ヒーターのない両腕部分が冷たくなってくるが、これは予想範囲内。
    予想範囲を超えた場合に備え、ウインドブレーカー、ユニクロのウルトラライトダウンャケットをバイクに積んでいました。

長時間、気温10度以下の天候のときは、私は多分走らないだろう!
気温12度以上で冬の太陽が照っていれば、RSタイチ電熱インナーウエアーは裏地がフリース生地のため電源OFFでも充分。

 

Youtube動画は下記から

コメントを残す

前の記事

冬晴れのチョイツー

次の記事

2019 Happy New Year