ゴールドウィングツアー2018アクセサリー

Honda Gold Wing Tour (DCT) に取り付けたアクセサリー

2018年4月に納車してから2018年11月までに取り付けたアクセサリーまとめて紹介

  1. 純正アクセサリーソケット
  2. コムテックレーダー/アシュラ
    自動車用のレーダーをスクリーンの後ろ側に取り付けました。少々の雨では濡れる心配はありません。
    大降りの時はレーダー探知の必要性もありませんので、ビニールカバーを被せて雨を避けます。
    バイク用のレーダーは高額。自動車用をレーダーを取り付け数年後の交換を気軽にできるようにしました。
  3. DYTONA マルチバーホルダー/マスターシリンダークランプフラットタイプ/92801
    この商品は2018ゴールドウィングには、添付のカラー及びボルトでは短くそのままでは取付できません。
    別途コーナンでカラー及びボルトを購入し取付ました。
    このバーには、SONYアクションカムのリモコンベースとバイク用時計を取付ました。
  4. バイク用時計
    CarPlayの画面が変わるごとに時刻の表示位置が変わるので、どんな時も即座に確認できるように取り付けました。正解でした。
  5. DYTONA スイッチングバッテリーチャージャー12V回復微弱充電器防塵キャップ付き配線/95027
    冬場に備えてのバッテリー保守用に取り付けました。
  6. エーモン リレー 4極 DC12V・240W(20A) /3235
  7. バイク用前後ドライブレコーダー/EK-DV188
    配線の余分な部分の処理に苦慮しましたが。結局シート下に格納することができました。
  8. DYTONA AQUAPROVA コンパクトボルトメーター/92386
    冬場のバッテリー維持管理のために電圧を可視化しました。
  9. EVOLUTIONナンバープレートベース
    ACTIV製 昔CB1300に取り付けていたもの。
  10. ナンバープレート盗難防止ネジ

電源取り出し

  1. コムテックレーダーの電源は純正アクセサリーソケットから取りました。
    また、純正アクセサリーソケットは、USBボート付きシガーソケットカーチャージャーを用意し緊急のUSB電源の取り出し口に利用しようと思っています。
  2. DYTONA スイッチングバッテリーチャージャーの防塵キャップ付き配線(ヒューズ付き)をバッテリーに直接配線しました。
  3. エーモンのリレー3235取付
    社外アクセサリー部品の電源はACC電源取り出しターミナルから直接取っても良いのですが、念のためにリレーを噛ましました。
    バッテリーターミナル(+) → ヒューズ → リレー赤線(+)
    リレー青線→ACCターミナル(+)
    リレー黒線→ACCターミナル(ー)
    リレー黄線→各アクセサリー電装品(+)
    リレーからは、EK-DV188前後ドライブレコーダーとDYTONA製電圧計の電源を取っています。

動画もあります。こちらをクリック下さい。

コメントを残す

前の記事

信州親子ツーリング

次の記事

ウナギを食すツー