終わった人

内館牧子著「終わった人」を読みました。

一流金融機関に在職しトップ人事から外れたが、定年延長をしないで退職しその後の人生を模索する主人公の小説でした。

一流銀行でTOP人事に係ることもない我々一般人にとっては、縁もゆかりもない話と受け取られがちですが、誰しも人生の一区切りが終ろうとする時期が訪れるものです。中小の会社経営者であれ、自営業者であれ、サラリーマンであれ。そのような時期を迎え、また迎えようとしている人にとっては、この小説を読んでみてはと思います。

何かのヒントになるかもしれません。

コメントを残す

前の記事

またまた丹後半島へ

次の記事

最強の経営者